不動産で賃貸物件選び~心地イイお部屋探し~

快適な学生生活

多くの学生は春になると一人暮らしを始めますが、新居での注意点を事前に知っておくと、これからの生活もより快適に過ごせると考えます。 賃貸を探すときは、勉強に専念できる環境かどうかを事前に知っておくことをおすすめします。学生は勉強が本業となるので、隣接している左右上下の住民は騒音を出していないかなどを、確認することが重要となります。引っ越した後に気づくのは遅いので、必ず確認しておきましょう。 新居に引っ越した際は、逆の立場になります。同じように勉強に励んでいる学生も多いので、騒ぎ過ぎないように注意しましょう。騒音がひどいと苦情が来てしまい、住民同士のトラブルになってしまう可能性があります。お互いが快適に過ごせるようにするためにも、この2点は注意する必要があります。

賃貸を探すときは、必ず賃貸用語が含まれた説明となるので、初めてお部屋を探す学生は基本的な賃貸用語を覚えておくとスムーズに進めることができます。 賃貸を探す際によく聞くのが、敷金・礼金という言葉です。敷金とは、お部屋を借りるときに借主側が貸主側に支払うお金となります。家賃を滞納した場合の担保、お部屋を出るときに発生する原状回復費用、この2つを目的として貸主に預けるお金となります。何事もない場合は、お部屋を出るときに返してもらえるお金となります。 礼金とは、借主がお部屋を貸してもらうお礼として貸主に支払うお金となり、礼金のほとんどは家賃の1〜2ヶ月分の金額となります。最近では、敷金・礼金共に0円という賃貸も多くあるので、学生の方は敷金や礼金がかからない賃貸を探す方が多い傾向にあります。