不動産で賃貸物件選び~心地イイお部屋探し~

価格の傾向について

賃貸物件の価格はいろいろな要因で決まります。 当然都市部など便利なところは価格が高いですし、そうでない場合は安くなります。 都市部でも最寄り駅など主要な建物からの距離やアクセスで1〜2万円程度の差があります。 また、マンションやアパートの場合、階が下に行くほど値段は安くなる傾向にあります。 一番の要因はその賃貸物件の間取りです。 部屋数や広さによって価格は大きく変わります。当然部屋数が少なければ値段は安くなりますし、そうでない場合はその逆です。 賃貸物件の詳細にもよりますが、東京都内ならワンルーム、風呂・トイレ別のセパレートタイプで7〜8万円台なら安いと言えるでしょう。関西、とりわけ大阪市内ならば5〜6万円台ならば十分安いと言えます。

一般的に人口密度が高く、最低賃金が高ければ賃貸物件の価格は高くなります。 多少の例外はありますが、多くの場合はそうです。 特に東京の場合は23区内ならばある程度の値段にはなります。中でも人気エリアと言われる場所は空き物件自体が少ない場合があるので、自分がこだわりのエリアがあるならば多少高くても借りることをおすすめします。 関西の場合は中心部であっても、築年数やアクセスによって穴場の賃貸物件がある場合がありますので、安くていい物件を探してみるのもおもしろいです。 また、風呂・トイレ別のセパレートタイプは値段も高いですが人気もあるので、ユニットバスに抵抗のない方はユニットバスタイプの物件を探すと意外といいものが見つかります。