不動産で賃貸物件選び~心地イイお部屋探し~

注意しておく点

賃貸住宅に住む前の注意点としては、事前に必ず物件調査はしておくことですが、パンフレット等だけで判断せずに実際に見学に行くことは必須です。見学といっても、只部屋の内部を観るだけでなく、物件の周辺に何があるかも調査しておきましょう。コンビニ等は誰もが確認するところですが、いざ住んでから近くに歯医者がないとか美容室がないとかはざらにあることです。なので、一度日常生活で必要な店をピックアップしてそれらの店があるかどうか確認はしておきましょう。部屋の内部については目でみえないエアコンの調子具合等も確認しておきましょう。設備の修理代は家主が面倒見てくれるかもしれませんが、これが壊れてしまうと生活に不便なので、事前確認はしておいた方がよいでしょう。

賃貸住宅のメリットとしては、何よりも自分の生活環境に合わせて移住しやすいことです。例えば、会社で転勤が命じられた時に分譲で買ってしまうと即座に購買の手配もしくは借り手を探すという手間が入ります。賃貸住宅では、契約を解除するだけで済むので、すぐに実行できるでしょう。あとは、子供が生まれたり 成長すると、大きなスペースが必要になってきます。その時にも大きな家を購入するかまたマンションが良いかという判断もすることができるわけです。 金銭面でいうと、賃貸の場合は固定資産税を払う義務がないことです。さらに設備等が故障しても、修繕費は大家さんが支払ってくれるケースが多いです。家賃に修繕費まで含まれていることが殆どなので、一応確認はしておきましょう。